アフィリエイトの注意点

最近は誰でもスマートフォンをもっているせいもあって、アフィリエイトで稼いでいる人は多いです。
パソコンがなくても作業する事ができますし、SNSやブログなど、無料でアクセスを集めるプラットフォームを用意できますからね。

学生、主婦、サラリーマン、定年後の老夫婦…気軽に始められるので、本当に様々な人間がアフィリエイトで広告収益を稼いでいます。しかも、中には本業よりも収入が多いという人も少なくありません。
アフィリエイト目的のサイトを運営する場合に必ず気をつけなくてはいけない事があります。それは肖像権です。芸能人やアーティストの写真は所属事務所が肖像権という権利を持っています。

そして特に厳しいのはジャニーズ事務所です。ジャニーズの肖像権絡みの事件はインターネットを検索すると山のように出てきます。
どれだけ厳しいかというと、ジャニーズは他の芸能事務所と違い、アートバンクという肖像権監視の専門会社があるほどです。

おもしろいエピソードを紹介します。アフィリエイトとは直接関係はありませんが、とある映画のホームページの出演者紹介のページでは他の出演者は顔写真が公開しているのに、ジャニーズ所属のタレントだけはシルエットになっていました。他にも舞台のチラシで他の出演者が写真なのに、ジャニーズ所属のタレントだけはイラストだったなんて事もあります。

他にも通販サイト(アマゾンや楽天など)でCDやDVDを購入しようとして検索すると、ジャケット画像はNOT IMAGEで写真が無かったりします(笑)そこまでやる必要もないと思いますが、はっきりいって異常なぐらい肖像権に厳しいのがジャニーズです。

なぜか最近はあまり見ませんが、数年前まではジャニーズの肖像権をめぐる裁判事件もうんざりするほど存在します。
タレントの画像を使う行為は、アフィリエイト目的としてアクセスが集めるためには手っ取り早いかもしれませんが、リスクを考えると使わない事をオススメします。

特に、ジャニーズファンはガンガン通報してくるので絶対に使わないほうがいいですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ