競馬予想をする上で競馬を一から見直してみる

全国の競馬師はそれぞれ独自の競馬予想法を持っていると思いますが、中でも私が抑えておきたいのは基本中の基本である競馬そのもの法則であります。つまりどういうことかというと、競馬を予想する前に競馬そのものがどういったルールで成り立っていて、どうすれば儲けることができるのかという金銭的な一面から注目することだということです。まず基本的に世間では競馬という競技は賭け事の一つであり、ギャンブルだという認識を持っていることを把握しなければなりません。

ギャンブルということは、競馬の元締めである胴元に対して私たちは少なからず手数料という形で賭けたお金の一部を持っていかれるということです。さて、そういう一面を持っているということを把握した上で、競馬は他の賭け事と比べてどの程度の控除率なのでしょうか。今のところ多くの人々がやっている賭け事の代表的なものをあげていくと、競馬以外にはパチンコや宝くじが上げられます。パチンコの場合の控除率は約3%であり、宝くじに至っては何と50%を超える控除率であるとデータが示しています。

競馬はどうなのかというと、だいたい25%程度の控除率です。そう考えると、競馬を活用して稼いでいくというのは、良くもなく悪くもなく無難であり、基本的には正解の選択肢のように思えてきます。また、宝くじのような絶対的な控除率はどもかくも、パチンコの控除率が低いとは言え機械操作ですから、何かしら人の手が加わる余地が少ないように見受けられますし、そう考えると人と馬という動物に加えて、天候などの不確定要素が組み合わさる競馬という競技はなかなかに良いチョイスなのは間違いないでしょう。

そういう意味もかねて、競馬予想をしていく上で金銭的面での賭け事のチョイスとして競馬を選んだことは正解に近い選択肢だと考えられます。競馬予想掲示板などには競馬に関する記事がたくさんあるのでチェックしてみるといいかもしれません。賭け事を行う上で、競馬予想の前に資金の運用をどのように行うかというのは勝ちへの方式へと繋がっていきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ